1900年代から1970年代の古き良きアメリカ当時のサブカルチャーを独自の観点からそれぞれのアイテムに取り入れたデザイン。カラフルや遊び心のあるデザインや型、当時の仕様を再現する為、細部にまでこだわったデザインが特徴。 「温故知新」をテーマに掲げ、ヴィンテージを再構築することで新しい歴史を生み出す。

デニムを生地の状態で加工を施した、リバーシブル仕様のデニムダウンベスト。デニムとコーデュロイとの異素材の切り替えと裏のネイティブジャガード生地で表情を使い分けるデザインに仕上げました。ダウンは軽くて暖かいのが特徴でこれからの時期に活躍する1枚です。
アルパカ混のビッグバッファローチェックメルトンを使用した、ピーコート。南アメリカに生息するアルパカはウールに比べて、繊維が太いので気密性が高く保温性に優れ、非常に丈夫さが特徴。がっしりとした生地感とワイドな上襟とラペルのシルエットはワイルドな雰囲気に。TMT今季テーマを表現した1枚です。
紡績技術があまり発達していなかった時代背景を表現したスラブ混のコーデュロイ生地を使用したボアランチコート。ボアはTMTオリジナル。通常のボアに比べるとハードな加工に耐えられるボリュームと耐久性のあるクオリティに仕上げました。コンチョボタンとネイティブ柄の内ポケットがポイントのジャケットコートは、コーディネートもしやすい一着です。
ネイティブ柄のブランケット生地を機屋に起毛別注をかけた、多機能ポケットのハンタージャケット。表裏の配色の異なるネイティブ柄をリバーシブルで楽しめる仕様。スナップボタンで着脱も簡単なのが特徴。中肉素材なので、シーズン通して長く着用でき、配色がコーディネートのアクセントになり、経年変化を楽しめる1枚です。
今季テーマであるTEXAS RANGERSと争いを繰りた広げコマンチェ族とアパッチ族の2つの部族の伝統柄をTMTの独自の解釈でMIXさせ、TMTオリジナルの柄に落とし込みました。程良い肉感のニットアウタージャケットは、長期に渡り使用できる万能な1枚です。
デニムを生地の状態で加工を施した、リバーシブル仕様のデニムダウンベスト。デニムとコーデュロイとの異素材の切り替えと裏のネイティブジャガード生地で表情を使い分けるデザインに仕上げました。ダウンは軽くて暖かいのが特徴でこれからの時期に活躍する1枚です。
紡績技術があまり発達していなかった時代背景を表現したスラブ混のコーデュロイ生地を使用したボアランチコート。ボアはTMTオリジナル。通常のボアに比べるとハードな加工に耐えられるボリュームと耐久性のあるクオリティに仕上げました。コンチョボタンとネイティブ柄の内ポケットがポイントのジャケットコートは、コーディネートもしやすい一着です。
テキサスがアメリカ合衆国に加盟した順番→28を、TEXASRANGERSのアメコミをパッチワークにしたロゴがプリントされたデザインです。
TMT定番のガーゼミニ裏毛プルオーバーパーカー。 フロントの”TEXAS”ロゴがプリントされたデザインです。
モールスキンを使用した、TMT定番M-65ジャケット。 今期は取り外し可能なフードにラクーンリアルファーも取り外しが可能。
TMT今季テーマTEXAS RANGERSの年代をブリーチと部分的に施したクラッシュ&リペアで表現したニット。
【NEW ERA×TMTコラボ】ダメージデニムをボディとした、やや被りの深いメッシュキャップ。 フロントには”TEXAS”.の刺繍はTMTオリジナルカラーで表現しました。 ボディはデニム生地を使用しているので経年変化を楽しめます。
テキサス・ニューメキシコの県境にある”エルパソ”で採取された綿花を使用したTMTの代表的なガーゼミニ裏毛プルオーバーパーカー。