記事

【インスタグラマーチェックリスト Vol.20 shunsuke】

By a4studio, 2019-08-12

同じファッションや音楽の趣味を持った仲間など、新たな出会いが待ち受けているインスタグラム。今回は、日に焼けた肌とサーフ系のファッションが熱視線を浴びている、shunsukeさんにインタビューしてみよう。

 

 

@11___shun.528

フォロワー数:約23,700人(2019年8月6日現在)

 

shunsuke。自動車関係の仕事の傍ら、自らサーフブランドを立ち上げるなど、精力的に活動中。海をバックにした投稿が多く、サーフ系のファッションに身を包んだ姿には、いつもたくさんの「いいね」が集まる。

 

 

 

 

 

《INTERVIEW》

――shunsukeさんは「海が似合う男」というイメージなのですが、やはりサーフ系のブランドがお好きなのでしょうか?

 

shunsuke:そうですね。ファッションについては色合いとサイズ感を気にしてて、個人的に参考にしてるのは北岡伸多朗(@shintaro_kitaoka)さんです! 北岡さんがデザイナーを務めていらっしゃる「Re:room」も好きですし、北岡さんのことも、男としてリスペクトしてます。

 

 

――――北岡さんはBITTERの専属モデルでもありますし、今回shunsukeさんにこの連載にご登場いただけたことにはご縁を感じました! そしてshunsukeさんといえば、いつでもバッチリ決まったヘアスタイルも印象的です。肌も、日焼けされているのに整っていらっしゃいますよね。

 

shunsuke:あー、ヘアスタイルとスキンケアのことは結構聞かれますね……。ヘアスタイルは女性にとっての化粧みたいなもので、男の見た目で一番大事な要素だと思いますし、特に気を遣ってるんですよ。あと、「肌キレイですね」って言っていただけることもよくあるんですけど、これといってケアはしてないんですよね。僕ももうアラサーなので、そろそヤバいかもしれません(笑)。

 

 

――いやいや(笑)。でも確かに、男性は化粧をしないことが多い分、shunsukeさんのようにヘアスタイルでこだわりを見せている人はカッコイイです! また、そのスラッとしたスタイルを維持するために、普段から気をつけていることはございますか?

 

shunsuke:それが僕、自分ではスタイルがよくないと思って困ってるんです……。甘いものやお酒が好きで、我慢できないんですよね(笑)。でも、筋トレやフットサルには定期的に取り組んでます。

 

 

――それは意外なお話でした。続いて、もし“インスタ映え”する写真を撮るためのテクニックのようなものがあれば教えてください。

 

shunsuke:撮り方の参考にしてるものは特になくて、自分なりに工夫して撮ってます! まずはとにかく、自然体で笑顔で撮ることですかね。あとは雰囲気を出すことで、サングラスは僕にとって必須アイテムです! カメラアプリとかは使ってないので、撮った写真はインスタグラムのフィルター機能で加工してます。

 

――ではズバリ、shunsukeさんにとってインスタグラムの面白さとは?

 

shunsuke:人との繋がり、でしょうか。生まれも育ちも違う方々とインスタグラムがキッカケで仲良くなって、いろんな情報交換をしたり、一緒に何かを始めてみたりなど、毎日刺激をもらってます。

 

 

――shunsukeさんはまさに、インスタグラムで知り合ったお仲間と「RESTAR」というサーフブランドを立ち上げたんですよね! こちらの「MALIBU」とプリントされたTシャツも、RESTARのものだとか。

 

――はい、RESTARをよろしくお願いします(笑)。いつかは独立して、自分の店を持ちたいですね。そのために日々勉強していろんなことに挑戦してますし、インスタグラムを通じて集まった方々と、もっと大きなプロジェクトを始めてみたいです。

 

 

<取材・文/A4studio>