記事

【インスタグラマーチェックリスト Vol.37 Yuminchu】

By a4studio, 2020-02-03

インスタグラムは、興味のあるファッションや国のことなどを何でもリアルタイムに知ることができる、現代のバイブル的なツールだろう。今回は、海と結びついたライフスタイルが眩しい、Yuminchuさんがインタビューに応じてくれた。

 

 

@yuminchu1029

 

フォロワー数:約51,500人(2020年2月3日現在)

 

Yuminchu。兵庫県出身の33歳。“Juliet”としてのアーティスト活動を経て、海にまつわるファッションや水着のモデル、カラーコンタクトのプロデュースなど、国内外を問わずに活躍中。

 

 

 

 

《INTERVIEW》

 

 

 

――最初に、Yuminchuさんのファッション観から聞かせてください。

 

Yuminchu:私は海が好きなので、ファッションでも、海をどこかに感じられるものを意識してます。Boho、native、hippie、surf casual、westernのようなテイストをいろいろと合わせて着たり、アクセサリーには、シルバーのインディアンジュエリーやターコイズなどを合わせることが多いですね。それと、オーストラリアンレーベルがとても好きで、バイロン・ベイにいる女の子みたいに、裸足にボヘミアンのドレスをサラッと着て、笑顔にあふれているようなジプシースタイルが最高に可愛いと思うんです!

 

――バイロン・ベイというのは、オーストラリアの最東端にある海辺の町ですよね。

 

Yuminchu:はい。初めて訪れたときには、大きな影響を受けました! 実際、オーストラリアンレーベルで買い物することが多くて、mahiya leather、Auguste The Label、Arnhem Clothing、lack of color、Jaase、SPELLなどがお気に入りのブランドです。他にはLAのCotton Candyとか、日本だとSHAGADELICとか、私がモデルをさせていただいることもあって、anap mimpiの洋服もよく着ますね。撮影後、そのまま買っちゃうこともあります。

 

 

――そんなYuminchuさんですが、インスタグラムの投稿を拝見しますと、ビキニ姿の写真も目立ちます。

 

Yuminchu:そう、洋服と同じくらい、私のなかでビキニはファッションなんです!(笑) もう、こだわりが詰まってますよ。旅をするときには、その場所にナチュラルに溶け込めるビキニや洋服、髪型をイメージして選ぶのも楽しみの一つです。大人になった今は、流行だけでなく、自分のライフスタイルが服とリンクしていくのを感じますし、それはナチュラルでハッピーで心地いいことだなと思います!

 

 

――確かに、Yuminchuさんはどの写真でもイキイキとしていて、“好き”を身体で表現していることが伝わってくる印象です。他の人のインスタグラムを参考にすることもあるのでしょうか?

 

Yuminchu:パッと思い浮かんだのは@saskiatejeさん@thesaltyblondeさん@nerii_xxさん@saltyluxeさん@isabellemathersxさん@maya_gypsyさんなどなど。旅を愛していて、自分自身やファッションのことも楽しんでいる海外の女の子が大好物です。あとは、ビキニ姿が可愛い子も(笑)。やっぱりオージー率が高めですね……オージーの魅力は、語り出したら止まりません!!

 

――Yuminchuさんのインスタグラムも、Yuminchuさんがお好きなオージーと遜色ないくらいオシャレだと思うのですが、写真撮影や加工におけるコツがございましたらお伺いしたいです!

 

Yuminchu:まずは、とにかくたくさん撮ることでしょうか。いろんな画角で、引きにしたりアップにしたり、端に寄せたり真ん中にぽんと立ってみたり……。こればっかりは、撮ってくれる人の腕と、そして粘り強さも重要ですよね!(笑) あと、もし海で撮るなら、できるだけさまざまな要素を取り入れるとか。海、空、砂浜、ウッド系、葉っぱなどの要素があると、その分だけ色が増えるので、加工するとき好きな色味に調整しやすくなりますし、立体的になります。そして加工については、Adobe Lightroomで調整してから、VSCOのフィルターをうっすら被せることが多いですね。その写真の舞台が海なのか、緑なのか、街なのかによっても変えていますが、よく使うフィルターはA4、M5あたりです!

 

 

――非常に具体的なアドバイスをありがとうございます! 続いて、美容へのこだわりはいかがでしょうか? お尻くらいまである、スーパーロングヘアがトレードマークですよね。

 

Yuminchu:この髪は、顔周りや結んだときにしっかり出るよう、ハイライトを入れてもらってます。あまり馴染ませすぎずに、海外の女の子みたく、バキバキのビュンビュンに入れるのが好きです(笑)。巻いたあとは、仕上げにオイルを使ってますね。ジョンソンのベビーオイルなら、ガッツリ海上がり風に。普段使いなら、エムプラスのオーガニックバターはニュアンスが出て最高です!

 

 

――なるほど。あと、ビキニを着こなすうえでは当然、体型を維持するための努力も……?

 

Yuminchu:そうですね……。私は食べることが大好きで、普段は気にせずに好きなものを割といっぱい食べちゃうんですが、撮影前、特にビキニのときはさすがに絞るようにしてます! 単純に食べすぎないよう心がけたり、魚やお肉、野菜をバランスよく摂るよう意識したり。また、お家にいるときでも、常に音楽にノリながら腹筋を動かしてみると、意外に効くんです(笑)。ちなみに私は身体が焼けているので、これもスタイルアップに見せる効果があるのかもしれません。体内クレンズのために、昆布茶を飲むのも日課ですね。

 

――腹筋トレーニングは、すぐにでも実践してみたくなりました(笑)。プライベートでは、どのようにリラックスされていますか?

 

Yuminchu:愛犬のチワワが2匹いるので、その子たちと遊びに出かけたり、海に行ったり、友達とカフェで過ごしたり……。映画や海外ドラマが大好きなので、NetflixやHuluのコンテンツもいろいろと観てます! オフの日に1シーズン分、一気にまとめて観ちゃうこともあったり(笑)。あと、次の旅はどこへ行こうか常に頭の中で考えてるので、行きたい海や国をリサーチしたりですね。それこそインスタグラムで、気になった写真の位置情報からさらに掘って掘って探していくと、今度行きたい場所が見つかることもありますから、インスタグラムは『るるぶ』の代わりにもなります!(笑)

 

――そういう使い方ができるのも、インスタグラムのいいところですよね。さて、2020年も早くも1/12が終わってしまいましたが、最後にYuminchuさんの今年の目標を教えてください!

 

Yuminchu:まだ行ったことのない場所、国をもっともっと旅してみたいし、知りたいんですよね。そこで見たもの、触れたもの、可愛いと思ったものなどを、旅の楽しさとともに、何か形にして発信していけたらいいなと考え中です!

 

 

<取材・文/A4studio>